「効率重視」から「持続性重視」へ。科学技術の根本思想が、今、大きく転換しようとしています。化学肥料や農薬を用いた現代農業は、微生物、草、昆虫、動物の共生がもたらす炭素の循環を分断し、大地の疲弊しいては大気中の二酸化炭素やメタンガスの増加による地球温暖化の要因の一つとなっています。「循環共生圏農工業推進体」は、持続可能な開発目標(SDGs)の視点から、土壌細菌や植物による土壌への炭素貯留、微生物による反芻家畜のメタン抑制など、生命を中心とした炭素循環による地球に易しい農工業について議論します。

沿革

発足日

  2019年7月1日

設置期間

  2019年7月1日~2022年3月31日

関連イベント

循環共生圏農工業・帯広ワークショップ

  日時:2019年11月28日(木) 場所:帯広畜産大学原虫病研究センターPKホール

分子ロボット倫理シンポジウム

  日時:2019年10月23日(水) 場所:タワーホール船堀

キックオフシンポジウム

  日時:2019年8月19日 場所:蔵前会館

開催報告

環境省フォトギャラリー2019年8月

十勝毎日新聞2019年9月9日版

お知らせ

研究推進体の活動についてより詳しく知りたい方(企業)、共同研究ならびに企業コンソーシアム設立に関する問い合わせは こちら からご連絡願います。