循環共生圏農工業研究推進体

主旨:「効率重視」から「持続性重視」へ。科学技術の根本思想が、今、大きく転換しようとしています。化学肥料や農薬を用いた現代農業は、微生物、草、昆虫、動物の共生がもたらす炭素の循環を分断し、大地の疲弊しいては大気中の二酸化炭素やメタンガスの増加による地球温暖化の要因の一つとなっています。「循環共生圏農工業推進体」は、持続可能な開発目標(SDGs)の視点から、土壌細菌や植物による土壌への炭素貯留、微生物による反芻家畜のメタン抑制など、生命を中心とした炭素循環による地球に易しい農工業について議論します。

発足日:  2019年7月1日
設置期間: 2019年7月1日~2022年3月31日

関連イベント:
・循環共生圏農工業・帯広ワークショップ(2019年11月28日(木)帯広畜産大学原虫病研究センターPKホール : プログラム ちらし
分子ロボット倫理シンポジウム(2019年10月23日(水)タワーホール船堀): プログラム ちらし
キックオフシンポジウム(2019年8月19日蔵前会館); プログラム 開催報告
環境省フォトギャラリー2019年8月 十勝毎日新聞2019年9月9日版

お問い合わせ先: 研究推進体の活動についてより詳しく知りたい方(企業)、共同研究ならびに企業コンソーシアム設立に関する問い合わせは下記のコンタクトフォームから連絡願います。 コンタクトフォーム

代表: 山村雅幸 情報理工学院 教授
構成員:
    小長谷明彦 情報理工学院 教授
    瀧ノ上正浩 情報理工学院 准教授
    和地正明  生命理工学員 教授
    山本直之  生命理工学院 教授
    室町泰徳  環境・社会理工学院 准教授
    吉本護   物質理工学院 教授
    三平満司  工学院 教授
研究協力者:
    西田武宏  帯広畜産大学 教授

研究者プロファイル:

  山村雅幸 (やまむら まさゆき)
情報理工学院 情報工学系 教授 工学博士
電子メール: my @ c.titech.ac.jp
研究室ホームページ: www.ali.c.titech.ac.jp
専門分野: システム生命科学、合成生物学、人工知能
所属学会: 計測自動制御学会、人工知能学会
略歴:
1989.3 東京工業大学大学院総合理工学研究科システム科学専攻博士課程修了
1990.4 東京工業大学大学院総合理工学研究科助手
1996.5 同助教授
2004.1 同教授
2016.4 情報理工学院教授、現在に至る。
2000.1 ニューヨーク州立大学ビンガムトン校客員准教授
2003.4 東京医科歯科大学客員助教授
2009.4 同客員教授
抱負:
 生命を含むシステムを探求する者にとって、農業および地球環境は最も大きく
複雑な対象としてやりがいがあります。これまで、DNAコンピューティング、
合成生物学の研究を通じて積み上げてきた、領域横断的なプロジェクト運営
と人材育成の経験を活かせればと考えています。

   小長谷明彦 (こながや あきひこ)
情報理工学院 情報工学系 教授 博士(工学)
電子メール: kona @ c.titech.ac.jp
研究室ホームページ: konagaya-lab.com/jp/
専門分野: 生命情報学、分子ロボティクス、人工知能、高性能計算
所属学会: 情報計算科学生物(CBI)学会、人工知能学会、計測自動制御学会
略歴:
1980.3 東京工業大学 理工学研究科情報科学専攻 修士課程 修了
1980.4 日本電気株式会社入社
1995.2 学位取得 東京工業大学 博士(工学)
1997.10 北陸先端科学技術大学院大学 知識科学研究科 教授
2003.4 理化学研究所 GSC ゲノム情報科学研究グループ PD
2009.4 東京医科歯科大学情報医科学センター特任教授
2009.10 東京工業大学総合理工学研究科 教授
2016.4 情報理工学院 教授、現在に至る。
抱負:
 持続可能な開発目標(SDGs)を実現するためには、これまでの効率優先、局所的な利益追求の科学技術とは異なる発想が求められます。生体分子から構成される「分子ロボット」はレアアースを使わず、生体との親和性も高いため、SDGs時代に相応しい高度な人工物作製技術として発展させたいです。

  瀧ノ上 正浩 (たきのうえ まさひろ)
情報理工学院 情報工学系 准教授 博士(理学)
電子メール: takinoue @ c.titech.ac.jp
研究室ホームページ: www.takinoue-lab.jp
専門分野: 生物物理学,DNAナノテクノロジー,分子ロボティクス
所属学会: 生物物理学会,化学とマイクロ・ナノシステム学会
略歴:
2007.3 東京大学 大学院理学系研究科 物理学専攻 博士課程修了
2008.4 京都大学 大学院理学研究科 物理学第一教室 博士研究員
2009.8 東京大学 生産技術研究所 特任助教
2011.4 東京工業大学 大学院総合理工学研究科 知能システム科学専攻 講師
2015.4 同 准教授,2016.4 情報理工学院 情報工学系 准教授,現在に至る.
2011.12 JSTさきがけ「細胞機能の構成的な理解と制御」 研究者(兼任)
2018.9 École Normale Supérieure, Paris, France 招聘教授(兼任)
抱負:
 分子ロボティクス・DNAナノテクノロジーは環境・デバイス・医薬等への応用が期待されています.融合分野における基礎科学を推進していきます.

  和地 正明 (わち まさあき)
生命理工学院 生命理工学系 教授 農学博士
電子メール: mwachi @ bio.titech.ac.jp
研究室ホームページ: www.celltech.bio.titech.ac.jp/
専門分野: 応用微生物学
所属学会: 日本農芸化学会、日本ゲノム微生物学会
略歴:
1989年3月 東京大学大学院農学系研究科博士課程 修了
1989年5月 東京工業大学工学部 助手
1994年10月 東京工業大学生命理工学部 講師
1997年6月 東京工業大学生命理工学部 助教授
2012年4月 東京工業大学大学院生命理工学研究科 教授
2016年4月 改組により東京工業大学生命理工学院 教授
抱負:
土壌微生物のメタゲノム解析と土とそこに生育する植物体の成分分析により、“よい土”とは何かを明らかにします。その知見を基に、環境にやさしい土づくりを目指します。

  山本 直之 (やまもと なおゆき)
生命理工学院 生命理工学系 教授 理学博士
電子メール: n-yamamoto @ bio.titech.ac.jp
研究室ホームページ: yamamoto-laboratory.org/#
専門分野: 乳酸菌、腸内細菌、腸管機能、機能性成分
所属学会: 乳酸菌学会、腸内細菌学会
略歴:
1983年 東京工業大学大学院総合理工学研究科修士課程修了 
1984年 旭化成工業株式会社
2011年 カルピス株式会社発酵応用研究所所長
2016年 アサヒグループホールディングス株式会社理事
2017年 東京工業大学生命理工学院教授
抱負:
長らく企業研究所において、研究と実用利用を経験してきました。人や家畜の健康を腸内環境の改善から取り組んできましたが、現在は、家畜やその環境微生物の改善による環境問題への対応についても取り組みを始めています。過去の技術実用化の経験を活かして、確実な成果につながる研究開発を進めたいと考えています。

 室町 泰徳 (むろまち やすのり)
環境・社会理工学院 土木・環境工学系 准教授 工学博士
電子メール: muromachi.y.aa @ m.titech.ac.jp
研究室ホームページ: www.muromachi.enveng.titech.ac.jp/
専門分野: 都市計画、交通計画、気候変動
所属学会: 都市計画学会、土木学会、交通工学研究会
略歴:
1992.2 東京大学大学院工学系研究科都市工学専攻博士課程中退
1992.3 東京大学工学部都市工学科助手
1999.3 同助教授
2002.1 東京工業大学大学院総合理工学研究科人間環境システム専攻助教授
2016.4 環境・社会理工学院准教授、現在に至る。
2001.4 フィリピン大学客員教授/JICA専門家
2007.10 IPCC AR4WG3 主執筆者
抱負:
人間社会の産業化と都市化がもたらす問題への対策として19世紀に誕生した近代都市計画は、20世紀にグローバルに進展し、21世紀には新たな課題に直面しています。最も大きな課題の1つが気候変動であり、緩和・適応の両面から、地域連帯を図りつつ、課題の克服に貢献したいと考えています。

  吉本 護 (よしもと まもる)
物質理工学院 材料系 教授 工学博士
電子メール: yoshimoto.m.aa @ m.titech.ac.jpp
研究室ホームページ:  www.yoshimoto.iem.titech.ac.jp/
専門分野: 機能性材料科学、薄膜電子材料
所属学会: 応用物理学会、日本セラミックス協会、電気学会、日本弁理士会、
MRSほか
略歴:
1983 京都大学・工業化学専攻 修士課程修了
1984 京都大学・工学部工業化学科 助手
1991 東京工業大学・工業材料研究所 講師
1994 東京工業大学・工業材料研究所 助教授
2006 東京工業大学・総合理工学研究科・物質科学創造専攻 教授
2016 東京工業大学・物質理工学院・材料系 教授
抱負:
領域横断的な循環共生圏農工業イノベーション研究の推進において、環境調和したエネルギー関連の新機能材料を創製し、それらの研究成果を効率よく社会実装するための特許化を含めた知的創造サイクルの活性化をめざします。

三平 満司 (さんぺい みつじ)
工学院 システム制御系 教授 工学博士
電子メール: sampei @ sc.e.titech.ac.jp
研究室ホームページ:  www.sl.sc.e.titech.ac.jp/SCHP/member.html
専門分野: システム制御理論及びその応用,特に非線形制御理論
所属学会: 計測自動制御学会,システム制御情報学会,日本ロボット学会,機械学会,IEEE
略歴:
1987.3 東京工業大学大学院 理工学研究科 制御工学専攻 博士後期課程修了
1987.4 千葉大学 工学部 助手
1991.4 同助教授
1993.5 東京工業大学工学部 助教授
1994.4 同大学 情報理工学研究科 助教授
2000.4 同大学 理工学研究科 教授
2016.4 改組により同大学 工学院 教授
抱負:
システム制御はもの・ことをシステムと考え,数理的にその本質をとらえ,コントロールする学問です.特に一時的な効率ではなく持続的な安定性が重要な関心事となります.このような観点から本推進体の事業に貢献できることを楽しみにしています.